• 会社案内
  • 事業内容
  • 事業実績
  • ブログ・SNS
  • スタッフ募集
  • 校正学校
  • お問い合わせ
<< 『OTOMO KATSUHIRO ARTWORK KABA2』(講談社) | main | ロールプレイングフィクション『レッドドラゴン』(星海社) >>
『黄金の丘で君と転げまわりたいのだ』(ポプラ社)



【組版担当者より】
皆さんはワインは好きですか? 私は好きです。
では、ワインに詳しいですか? 私は、そうでもありません。だって銘柄とか多すぎて、何がなんだかわからない。どうにかこうにか美味しかったワインの、ラベルのデザインをおぼろげ(どうしても、酔ってますからね……)に覚えている……ような状態なのですが。

このエッセイは、作家の三浦しをんさんが、ソムリエの岡元麻理恵さんを先生として、ワインをより美味しく味わうために、レッスンを受ける……というものです。ソムリエの方に、というと敷居が高く感じられますが、岡元先生は分かりやすく優しい言葉で、さまざまな角度から、ワインについて教えてくださいます。舌触りを例えるためのサンプルに、「舞妓さんの汗拭きガーゼ」を含めてくださったり、相性を知るための食べ物に「カレー」を含めてくださったりと、中流庶民でただの飲んだくれの私にも、分かりやすいし面白い……!
そして三浦さんがまた、ユーモア溢れる文章で、すべての体験についての感想を書かれています。ワインをたとえるのに島耕作が何故? とお思いでしょう。でも読めば何故か納得してしまうのです。そしてそのワインを味わってみたい、と思ってしまうのです。
三浦さんを取り巻く人々もまた、ユーモアたっぷりの面々で面白い。特に、ワインの味で幻想のようなの映像を見てしまうKさんには、是非他の食べ物での感想も聞いてみたくなってしまうほど。
ワインが好きだな、ワインに興味がある、と思う方は是非、読んでみてください。きっとちょっとだけワインが、自分に近いお酒に感じられるに違いありません。

ちなみに、私はこの本を読んで、目隠しして赤と白とロゼを飲み当ててみる、というのを実践してみました。そして一回目は思いっ切り外しました。案外……そう、びっくりするほど分からないものなんですよ……。

《文責:まつを(組版・装丁室)》




黄金の丘で君と転げまわりたいのだ
著者:三浦しをん
   岡元麻理恵
版元:ポプラ社

【内容紹介】
作家・三浦しをんが、ワインのスペシャリストに入門!
「情報を捨てよ、楽しくワインを飲もう」のススメ。

三浦:このワイン、近くのスーパーにある!
   適温で飲むだけで、味がこんなに変わるんですね!
岡元:「赤は室温、白は冷やす」といわれますが、
   日本の室温で飲んでおいしくなるワインはまずありません。

「覚えるのが苦手」な超初級者でも大丈夫。
目からウロコのレッスン続々!
安いワインでもワイングラスで飲めば、3割増しに!
どんな料理とも相性バツグンの万能ワインって?
好みのブドウの品種を見つけたら、大ハズレはない。
絶対失敗しない、目的別ワイン選び。etc.
版元サイトより)

東京神楽坂 書籍校閲専門 鴎来堂(おうらいどう)
http://www.ouraidou.net/
| worksouraidou | 実用書 | 15:09 | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>